介護職が向いてるのはどんな人?

こんな能力がある人は介護職に向いている

介護職になりたい方はどのような人が向いているか知りたい場合も多いですが、実際に働いた私の経験から言うと、「我慢強さ」と「コミュニケーション能力」があるとこの業界で活躍できるでしょう。

職場によって大変さも変わってきますが、おむつ交換などで臭いなどを我慢しなければなりませんし、サービスを提供する側として何かと我慢をしなければならないケースもあります。

また、入居者やその家族、上司や部下等の人とのつながりや人間関係もありますので、コミュニケーション能力は重要であり、その能力が高いと高齢者と話をする中で、いつもと違う様子ならばそれを察知できますし、高齢者が望む介護をしてあげることが出来るようになってきます。

家事が得意な方も向いている

またもう一つ、家事が得意という方もこの業界に向いています。介護の仕事は介助をする以外に、居室の清掃をしたり、入居者の洗濯物を洗って干したり、ベッドメイキングをしたりと言った仕事があります。なので家事が得意な方は、それを仕事の中で活かすことが出来ます。家事が得意な方が向いている仕事ということもあって、主婦などはこの業界では強いですし、実際に働いている方も多いです。

高齢者の生活向上のために掃除をしてお部屋を綺麗で清潔な状態にしたり、洗濯をして衛生的な洋服を毎日着られるようにすることは重要になってきます。人の「お世話」をする仕事ですので、性格で言うならば「世話好き」な人はこの仕事に向いていると言えます。