教えて!介護の仕事って何をするの?

高齢者の身体的なお世話

介護の仕事では、高齢者の身体的なお世話を行っていきます。
高齢者の中には、認知症を抱えていたり体が不自由な方が多くなっているので、日常生活を送ることが難しい状態です。介護の仕事では高齢者が食べる食事作りから始まり、食事の介助やお風呂入れ、排せつの介助など身の回りのお世話を行っていくのです。人として生活していくために必要な介助を行っていくため、重要な仕事となるでしょう。
また、身体的な介助だけではなく、高齢者と話を行うことも重要な仕事になってきます。性格の違いにあわせて話を合わせていくことで、認知症の症状の緩和を行うことができたり、引きこもりがちな方も人と接する楽しさを感じてもらえるようになるのです。

家族に状況を報告していく

介護は、高齢者のお世話を行うだけではなく、高齢者の家族に状態を報告していく仕事を行っていきます。
施設に入居している高齢者にも、家族が存在しています。職員は、高齢者のお世話をしていく中で気が付いたことについて、家族に報告していくことになるのです。この報告を聞くことで、預けている家族も高齢者の状態について把握しやすくなり、安心して暮らしていけるようになるのです。
報告については、手紙という形で行うこともありますが、家族が直接施設を訪ねてきたときに言葉として報告する場合もあります。この仕事をこなすためには、高齢者の様子について注意深く見守る必要が出てきます。また家族からも信頼されるように、真摯に対応することも重要になるでしょう。